STAFF BLOGスタッフブログ

【BASE・Makeshop・らくうるカート】ショッピングカートASPの機能の違い

2021/01/21 ECサイト
【BASE・Makeshop・らくうるカート】ショッピングカートASPの機能の違い

アド・エータイプでは、EC サイトを構築する際、主にショッピングカートASPを利用しています。その作業の中でASPごとの機能の違い・制限により デザイン・コーディングに差異が出てしまうことがあります。 現状、BASE・Makeshop・らくうるカートを利用しているので、それらの機能についてまとめていきたいと思います。

ASPカートとは?

ASPカートはサーバーを用意することなく、クラウド上でECサイトを構築できます。 それぞれのASPには制限がありますが、ショップ構築の工数の削減や、開発コストを抑えることができ、 近年、小売店などもオンラインショップを開設する例が増えてきました。

BASE

月額料金がかからないので、ある程度需要はあるかと思いますが、無料ゆえに他のASPに比べ管理側、表示側共にできないことが多いです。
テンプレートを作成する際にhtmlファイルを1つに集約する必要があるため、編集しづらい点があります。
ただ、制約が多いため相対的に作業時間は短くなります。

 

【BASE公式サイト】

https://thebase.in/

Makeshop

管理画面側の機能が多いので、選択肢に入ることはあると思います。
ただ、レスポンシブデザインができなく、パソコン用とスマートフォン用で2つのテンプレートを作る必要があるので、他のASPに比べて組み込み・修正に時間がかかってしまいます。

 

【Makeshop公式サイト】

https://www.makeshop.jp/

らくうるカート

癖が無く扱いやすいです。他のASP に比べて作業上使いづらさをあまり感じません。欠点を上げるならばSVGファイルをアップロードできないことです。

 

【らくうるカート公式サイト】

https://www.yamatofinancial.jp/cart/

ショッピングカートASP 機能表

機能 らくうるカート Makeshop BASE 備考
カレンダー表示 ×
イベント機能 × 管理画面でイベントを設定し、カレンダーに表示できる定休日としての表示も可能
ページ作成 ×
会員情報呼び出し × × × 「ようこそ○○さん」のような表現できない
商品一覧ページ △※ ※BASEは「すべて」等のカテゴリーを作成することで対応化
商品検索
TOP:商品一覧呼び出し × ×
TOP:カテゴリーごとに商品呼び出し × × ×
TOP:おすすめ商品表示数 ○ (1~30) ○ (4or6) ×
TOP:新着商品表示 ○ (1~30) ○ (4or6) ×
TOP:売上げランキング表示 ○ (1~30) ○ (1~30) ×
TOP:お知らせ表示 ○ (1~30) ○ (1~10) ○※ ※BASEはデフォルトだと1だが、RSSを利用することで無制限。
商品情報:カテゴリ
商品情報:カテゴリ複数選択 ×
商品情報:バッチ・ラベル

商品に「新着」「おすすめ」等の表示を付与できる。

商品情報:バッチ・ラベルカスタマイズ × ×

上記機能の画像・テキスト等をカスタマイズできる。
Makeshop,BASEはデフォルトの画像しか表示できない。

まとめ

全体的にらくうるカートが癖が無く、作業もスムーズに進みます。
それぞれアップデート等で使用感が変わる可能性がありますので、その際は改めて、情報発信していきます。

アド・エータイプでは、ショッピングカートASPを利用したオンラインショップの開設もいたしております。
お客様の要望と機能を照らし合わせてASPを選択できるような提案をしていきます。

 

ECサイトについてのお問い合わせはこちらから! ↓

お問い合わせ

この記事を書いた人

SNSのシェアはこちらから

アド・エータイプに、
相談してみませんか?

無料お見積り・お問い合わせなど、
お気軽にご相談ください。

ページ上部へ